スポンサーサイト

2011.05.01 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ポートフォリオ

    2006.03.21 Tuesday

    0
      ファイル整理してるといろいろ出てくるもんで。

      春なのでここの無機質なブログに色を添えてみよう。








      クリックで拡大表示

      くれいあにめ

      2005.11.25 Friday

      0
        クレイアニメ大好き。
        ワクワクします。

        昨年、友達の結婚式にスライドショー制作の依頼を
        もらって導入に入れるクレイアニメをつくった。

        結局、いろいろあって結婚式はしないことになったので
        なんとも中途半端な作品が、今や放置状態。

        またつくりたい。

        クレイアニメを制作する際に参考にしたサイトはこちら

        いろんな作品あります。
        きゃー楽しい。
        (・e・)
        ひよこまーく

        あれも、これも。

        2005.11.14 Monday

        0
          デザインの解剖
          前々から欲しい本。
          でもラップみたいなんがしてあって立ち読みできん。

          明治『おいしい牛乳』もロッテ『キシリトール』も佐藤卓。

          ごはんですよのキャラみたいなくせに・・・っち!

          佐藤卓
          佐藤卓デザイン事務所

          欲求を生むデザイン2

          2005.11.06 Sunday

          0
            これもまた欲求を生むデザイン。

            so902i

            ついにソニーエリクソン、FOMAに参入。
            preminiで確立したこのデザイン。

            ここ近年のケータイは折りたたみが主流。
            そんな中、原点に帰り、シンプルでコンパクトに
            電話のみの機能でデビューしたpremini。

            やっとでてくれたって感じ。
            買うぞ、so902i。

            欲求を生むデザイン

            2005.11.05 Saturday

            0
              『ときおり、ある特定の対象についての
              考え方を根底から変えてしまうようなデザインに
              めぐり合うことがある。この好例、それがiMac。
              突然、コンピュータというものが、無個性無機質な
              箱ではなくなってしまう。それは、彫刻であり、
              欲求の対象であり、ひたすら眺めているものだ』

              −イリノイ工科大学、キャサリン・マッコイとマイケル・マッコイ−





              ある本で、書かれていた。
              これ読んで、余計欲しくなったよ、iMacちゃん。

              また、言った人がマッコイなんてカワイイ名前なのね。
              マッコイバンザイ。

              mac

              ふむふむ。

              2005.11.03 Thursday

              0
                デザイン部に新しい仲間が増えて
                はや1ヶ月。

                ふたりとも3つ年下ですがキャリアはワタクシよりも
                長く、なかなか刺激的で、いろいろと教えてもらってます。

                で、ここ2週間ほどパッケージの仕事で
                ひとりはデザイン、ワタクシは印刷手配でタッグを
                組んでおりまして。

                相変わらず納期はタイトでボスには振り回され感
                たっぷりでやっておりますが、もうすぐ決まりそうてなとこで
                0.3ptのヘアラインに悪戦苦闘。


                当初、スミ・特色の2色で、和紙の合わせ紙で1万枚。
                スペックなどはベタで、模様になるヘアライン部分をアミ30%で
                デザイン。

                見積りをとってボスに見せたところ・・・。
                校正の値段が高いとのことで校正なしで。

                むむむぅ。校正なし・・・。むむむむぅ。
                厳しい。というか、コワイ。
                背中に汗がじんわり。

                たしかに校正は高いですが。
                ナシなので本番まで出来上がりが読めない。

                ううううぅ。考える・・・。
                過去のパッケージの仕事では
                ほぼスミベタにホットスタンプという
                シンプルなものだけに校正はしなかったという。

                アミ点でヘアラインを印刷するのは
                ほぼ不可能。とびまくる。

                いい方法はないか?
                印刷屋に電話して聞きまくる。
                ドMなだけにそんな状況を少し楽しんで
                やってましたが。

                で、考え出した方法が!!
                校正代より少なくて済む方法として
                1色増やして、スミ30%の色を
                特色で指定しベタで印刷。

                エコデザインなんてのは聞いたことありますが
                これは、なんつーか
                セコデザインですなぁ・・・。

                いやぁ・・・どうなることやら。



                1年あっちゅうま。

                2005.10.21 Friday

                0
                  昨年の10月。
                  前職を辞め専門学校へ行って1年後。

                  今の制作のお仕事をするようになった。

                  たまたま見た求人サイトに、高校時代の友達が働く会社が
                  載っていて思わず運命のようなものを感じ即応募。

                  応募に気づいた友達が連絡をくれ、面接へのOKをもらった。
                  面接の時、ボスと話もわりと盛り上がりその場で採用をもらい
                  勤務する事になった。

                  が、入ってからはそこのボスは一切口を利かない。
                  友達とはよくしゃべっていたけど、
                  ワタクシには話しかけもしない。
                  こちらからしゃべってもそんなに続かない。

                  小さなマンションの一室のような事務所で
                  そのボスとボスの弟と友達と、喘息でよく休むおっさんと
                  若い女性とアタクシ。6人の小さな事務所。

                  仕事中、事務所に会話などなく。
                  ワタクシをジロジロと見るボスの視線だけが感じられる。
                  トイレに立つ時も、タバコを吸いにベランダへ出る時も
                  すべてのアクションに視線を感じた。

                  けど、まったくもって話をしない。

                  最初は制作の現場って静かなもんかと思ったが、
                  ただ気持ち悪いだけだった。

                  友達も高校の時はおもしろかったけど、
                  会話をしても笑いはほとんど起きなかった。

                  なんだ?ここ。

                  ストレスで屁がおなかにたまり、放つことさえできなかったので
                  毎日オナカ痛い状態。唯一、昼休みに
                  屁を放ちまくるがうまくでない時が多かったため悪循環に。
                  おまけに深夜遅くまで、しゃべることもなかったので
                  毎日帰る時に誰かに電話してしゃべるが
                  タンが絡んでしょうがない。

                  と、ある日。カレンダーの仕事で印刷のミスがあったとの
                  ことでミーティングを開いた。
                  ボスとようやくしゃべったのはその時が2回目?
                  ミーティングを開始するなり、ボスは手をワナワナと震わせながら
                  声も強張りながら問いかけてきた。

                  確かに、そのミスの原因は当初入った時に手伝った箇所。
                  自分もすぐにわかったのでその経過を話す。
                  その直後、今にも殴るかの勢いで罵声を浴びせられた。
                  一瞬にして凍りついた。
                  「責任とれ!」と・・・。

                  が、何度かそれまでに校正が入っていたはずだった。

                  結局は校正のミスだったのだが、ミスのチェックリストに
                  その会社(うち)が入っていたため責任を問われているとの
                  ことでボスは怒りをあらわにしていた模様。
                  すべてをアタイの責任とされまして。あは・・・。

                  その場ですぐに逃げようかと思ったけど、すぐには
                  冷静な判断ができなかったけど。
                  帰宅後、弁護士相談にメールをしてみた。

                  おやじの知り合いの弁護士にも一応相談の準備だけをして。
                  最後の給料はないだろう。最悪の場合、賠償?
                  と思ってたんで。その時の対処法など。

                  ボスと弟が突然掴み合いのケンカが起きるてのも
                  あったっけ?

                  まぁそんな感じだったので辞めましたが。

                  はやいっすね。もう秋も終わりますな。





                  NIKKEI DESIGN

                  2005.10.10 Monday

                  0
                    定期購読したいデザイン情報誌
                    NIKKEI DESIGN

                    あらゆる製品のデザインについて、またクリエーターの紹介など
                    内容的に超濃い。

                    少々値段高いけど。

                    10月号

                    ジョージア 新デザイン

                    2005.09.15 Thursday

                    0
                      ジョージアのパッケージが一新。
                      新デザインで登場!

                      ロゴも変わった。
                      今まではロゴに赤と白黒の3トーンが
                      パッケージの色にポンと浮いた感じで
                      存在感アリってデザインだったが。

                      新バージョンはさらにシンプル。
                      ロゴタイプも長体系のフォント「GEORGIA」から
                      コロっとしたゴシック系フォントに。

                      こっちの方がいいな。

                      あの今までのロゴ、あの「フォーフォッフォ」の
                      加藤淳さん製作だとか。

                      たしか「加藤淳の本」河出書房新社
                      にも書いてた。
                      あ、はい。加藤淳さん大好きです。
                      あの独特の世界感。
                      株式会社 日本デザインセンターの
                      CIデザイン研究所の元プロデューサー。
                      日本を代表する一流企業、自治体のCI、VI、
                      ブランドデザイン開発を40社以上担当。

                      すごい人なんです。。。



                      ジョージア エメラルドマウンテンブレンド


                      ジョージア公式サイトはこちら→

                      届いた。さすがアマゾン。

                      2005.08.05 Friday

                      0
                        いやー早い。アマゾンは中一日で届く。
                        きました、デザインノート3。

                        今回、印刷特集なだけあって特殊印刷の
                        サンプルページがついている。

                        印刷技術ってすごい。

                        シールとかカードとかで結構、紙選びや
                        箔押し、仕上げのPP貼りなんかを想像しながら
                        作る作業をやってきたけど、仕上がるまで
                        わからなかったり、「お、でけた」って
                        予想通りだったり、やっぱり紙っていいね。
                        実態があるというか。

                        webは画面の中の世界。素材も選べなければ
                        ユーザーによって見え方も異なってくる。
                        その辺が難しかったりするところだけど。

                        印刷は手にすることで、手触りとかぬくもりとか。

                        今回のデザインノート3、絶対オススメです。