スポンサーサイト

2011.05.01 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    no title

    2007.04.23 Monday

    0
      20070423_303120.jpg

      はっ!

      2007.04.23 Monday

      0
        20070423_303115.jpg

        no title

        2007.04.23 Monday

        0
          20070423_303113.jpg

          今から帰り

          2007.04.23 Monday

          0
            20070423_303111.jpg
            帰りはグリーンで。
            えーのー。快適やのー。

            4時間かかるけど。
            こだまちゃんなので。


            てかこの車両、ぼくだけです。貸し切りや。

            ブラブラ

            2007.04.22 Sunday

            0
              20070422_302867.jpg

              東京へ2

              2006.11.20 Monday

              0
                初日。
                ちょっとよさげ?
                ここ

                2日目。
                ラグジュアリー?
                なぜかエグゼクティブ?
                ここ


                え?


                部屋から夜景?








                東京へ

                2006.11.17 Friday

                0
                  20061117_246639.jpg
                  なぜか、グリーンです。

                  湯村にて

                  2006.09.17 Sunday

                  0
                    20060917_219223.jpg
                    ひとりビールを楽しむ。。

                    リベンジ Awaji island

                    2006.08.07 Monday

                    0
                      「前に行った時の穴埋めに行ってきたの?」
                      帰宅後、笑いながらオカンは言った。



                      ええ、4年前のリベンジですから。
                      悪夢のような頭痛と高熱に襲われたあの日から4年。
                      ふたたび、橋を渡ってやってきた。



                      今回もまた無計画で、ふらっと行こうと思い立った。

                      淡路島の動脈、海沿い国道28号線を走りながら
                      ラジオから流れてきたのは、4年前のヒットチャート特集。

                      以前、初めて訪れた淡路島。
                      広がる海の景色を横目に、ひた走ったこの国道。
                      その時もRIP SLYMEの楽園ベイベーが流れていた。

                      すげい偶然。なんて思いながら、またあてもなく
                      とりあえず洲本を目指した。






                      ♪ホテルぅニュー〜あ〜わ〜じぃ
                      よくサンテレビとかでやってるホテルニュー淡路(意外と高級ホテル)がある洲本。
                      大浜海岸でジーンズの裾をまくって
                      砂浜で戯れてみた。


                      波の音と、海水浴を楽しんでいる人たちの
                      はしゃいでいる声。

                      ギリギリまで、足をつけて次の波を待つ。
                      この辺かな?と、あえなく予測もはずれて
                      裾が濡れる。
                      でも気持ちいい。そのまま寝転びたかった。

                      水着もってくりゃ良かったなと。ちょっと後悔。
                      パンツで泳いでもよかったけど。子供なら。


                      しょうがないのでカニを拾って、走り回ってみたりしてみた。
                      少し癒されたな。








                      その後は、なぜか地元のジャスコによった。
                      あまり意味なく。


                      時間もいい頃で、午後6時。
                      これだけは計画していた、温泉へ向かうことにした。

                      リベンジ。

                      4年前この温泉に入ってからが悪夢のはじまりだったので。

                      温泉までは、また来た道のりを戻らなくてはならない。
                      橋のたもとにある、海の見える温泉。
                      夜は橋がライトアップされて、浮かび上がる。


                      戻るまでの道で、少し車を止めてみた。
                      ゆっくりとした島時間。

                      広がる海の向こう側はせわしないいつもの街。
                      このままずっとぼーっとしていたい。

                      少し感傷的になりつつ、また車を走らせ
                      リベンジ温泉へ向かった。

                      道の駅「あわじ」近くの松帆の湯。
                      ちょうど暗くなったころに到着。

                      この駐車場で、しばらく熱をこらえて
                      車の中でもがき苦しんだ、あの日。

                      前日も帰宅が午前3時だったので
                      カラダの疲れ具合もかなりピーク。
                      こういうときに湯渡りってするんだよなと
                      思いつつ、露天風呂へ直行。

                      やはり、そこから見える景色は最高で、
                      何もかも忘れられそうな気分。
                      今度は湯渡りもなく調子も良かった。

                      サウナに2度、水風呂はいってまた露天。
                      これを繰り返して
                      最後にメガネを取りに戻り、もう一度
                      綺麗な電飾を着飾った橋を見た。

                      うん、キレイだ。


                      今回もまた、淡路島に泊まることはできなかったけど。
                      また近いうちに行きたい。

                      今度は淡路島の旅館で泊まって、
                      いろんな場所に行こう。。

                      ん?次なる目的は淡路島宿泊計画、か。