スポンサーサイト

2011.05.01 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    登山 〜石鎚山〜 3

    2009.10.18 Sunday

    0

      きたっ!ついに!

      でもまだここは弥山。崖の上に山小屋などがあるようなとこ。
      広場みたいなんもある。山頂はこの左手に少し見える天狗岳。


      これだ!とんがってるー!だいぶ引きの絵に見えるが
      あのトンガリ部分には2〜3人ほどしか立てないのだ。


      4時間ほど?かかったか。450円のカップラーメンでしばし休憩。
      ここから本当の山頂を目指す。モリオブログも参照のこと。ようわかります。
      天狗岳に向かうには弥山の崖をまた鎖でいったん降りる。


      今年の紅葉のピークはもうすでに過ぎたようだが、まだ残っているところも。


      リーダーはグングン進んで行く。怖くないの??


      震えがとまらん。。。


      かすかに見える「天狗岳」の文字。さすがのリーダーもここでは張り付いている。
      前方の3人がいるところが先ほどのトンガリ部分だ。


      ついに1982m 西日本最高峰の場所にキター!断崖絶壁。へばりついて撮影。


      なんだ?天狗岳から少し先に天狗岳モドキがまだある。。。行けるとこまで行ってみよう。


      思い出しただけでも、オマタがすぅーっとする絶壁。


      これが天狗岳のその先。写真撮るのも必死。でも景色は絶景。
      山登りが趣味な人の気持ちがわかるような気がする。たぶんコレだな。


      慣れというのは恐ろしいもので、弥山から天狗岳、そしてその先に行くまでに
      感覚がマヒしてくる。往復でここだけでも2時間近く?いただろう。


      下山時間を計算すると、次なる目的地である道後温泉へは
      ギリギリだとカンピューターヤマダーからの警告。なので急いで下山!
      途中調子にのって走ったせいか右ひざに激痛が。東京マラソンの古傷か?
      異常な痛さで足があがらなくなりそうだったが、なんとか下山完了。

      それにしても素晴らしい景色。そして天気にも恵まれ雨具を用意してなかったので
      超ラッキー。


      ↓ここからやまけん特集。iPhoneで撮影。

      **yamaken's photo & movie








      スポンサーサイト

      2011.05.01 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL