スポンサーサイト

2011.05.01 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    登山 〜比叡山延暦寺〜

    2009.09.25 Friday

    0
       連休2日目。9月20日。
      午前11時過ぎ、比叡山坂本着。これからハイキング山田と比叡山を攻める。
      2日前に「連休、山登ろうか」ということで、伊吹山と比叡山が候補にあがったが
      帰りに温泉に行こうということで雄琴近くの比叡山に決定。


      駅から登山口となるところまで少し歩く。すでに、スーパーで軽く食料を調達。
      オニギリ2個とパン、コーヒー牛乳と水。パンとコーヒー牛乳はこの後食べるのだが。。。
      ハイキング山田の調達アイテムは、たこ焼き、パン(小さいの8個くらい入り)、
      でかいオニギリ2つとお菓子類。主に炭水化物。だったか?量がハンパない。比叡山なのに。
      そしてすぐにたこ焼きをお召しになる。


      この近くにロープウェイ乗り場があるようだが今回はそれをパスして麓から延暦寺を目指す。
      しばらくこの石段が続く。


      続く石段を登りきると、もう琵琶湖が望める。



      さてそこからがいよいよ登山道。ハイキング程度の軽い気持ちだったが割と険しい。
      アタイの服装といえばワイド目の薄手の綿素材のパンツとポロシャツにカバンはショルダータイプ。パンツくらいしかいれてなかったので良かったけど。荷物があったらえらいことに。


      途中に出会った京都方面から越えてきた方達。後にも先にも登山客らしい人たちのすれ違ったのはここだけ。要はみんなロープウェイ乗って行くってこった。2人パーティクライミング。


      休憩でペットボトルを取り出そうと滑りの悪いファスナーをガリガリやってたら金属疲労でちぎれる。が、すかさずレスキュー山田の応急処置。さすが!


      1時間少しくらいだったか登りはそんなもんだった。標高約800メートルと、合ってるのか合ってないのかわからん計測をするレイバン山田のどっかわからんブランドの時計のパチモン。まぁでも、ハイペースに歩を進めたので汗びっしょり。んー気持ちいい!
      帰りの方がキツい。ここから縦走するように下山ルートへ向かう。ここからが結構大変だった。


      重要文化財的なありがたいお寺がいくつかある。ヒストリー山田がいろいろ解説してくれるが歴史にヨワいアタイ。


      おむすびコロリンじゃ済まない、それを受け止めようなんてもんなら命はない急階段。
      登る時は前傾姿勢で!


      一通りお堂をまわって、さてここからが下山ルートへの道。意を決して空を見上げる
      鉄道オタク。


      ひたすら山道。ここでもガイドマップを持っているファンキー山田が心強い。


      西塔から横川中堂への中間ポイント。ここですでに時刻は16時。急がないと日が暮れて遭難だ!

      ここからは特におもしろい訳ではないが動画にしてみたので、お時間があればご覧ください。見終わっておもしろくなかったなぁと思ってもクレームはご遠慮いただきたい。


      とまぁ下山はギリギリ日が暮れるってとこ。
      帰りはおごと温泉駅の方面にあるスパリゾート雄琴「あがりゃんせ」で汗を流す。
      ここ前から行ってみたかったとこで。スーパー銭湯マスターのアタイとしては、
      ★★★★4つですな。
      露天風呂でビールが飲めるのがいい!サウナもロウリュありでGood。
      手打ちおそばもウマし。

      久しぶりの登山やったけど、なかなかええですやん?


      ※補足
      「あがりゃんせ」の場所は、雄琴といえば!あの大人ゲートのお隣です。これも初めて見れたので満足。このゲートをくぐってみたかったが、カウパー山田が完全にビビりまくっていたので断念。

      スポンサーサイト

      2011.05.01 Sunday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL